CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
LINKS
MOBILE
qrcode
写真力
『篠山紀信展 写真力』。


初めての横浜美術館です。

実はこちらへ行ったのはもう2月のことなんですが、

先日笑い転げてきた劇団S.W.A.T!さんのお芝居の中で
「今のキミは〜ピカピカに光って〜♪」なシーンがあり、

もちろん宮崎さんを思い出し、
そして

宮崎さんのデビューのきっかけとなった女子大生写真が展示されていた
こちらの展覧会のことを思い出したのでした。


全国を回られる展覧会として
「すずらん本屋堂」に篠山紀信さんがいらっしゃった時ご紹介したのですが、
横浜での開催にタイミング良く伺うことができ
宮崎さんの大きな写真、拝見してきました〜(*^^*)

その他、芸能界・スポーツ界の伝説の大スターや歌舞伎役者さん、ディズニーキャラクターまで、
大きく引きのばされた写真の数々は圧巻。
とても見応えある写真展でした!


| みるまなぶ | - | -
語り
銀河万丈さんの語りの会『ごんべん 』vol.175に伺いました。
今回もたっぷりと楽しませていただきました…

りかちゃんも叔母さまといらっしゃっていて
ご一緒できてよかった(^^)





素敵な朗読作品を堪能した後は、
桜の見え方も変わります…

ラストのお話の余韻に、ちょっぴり切なくなった帰り道。


| みるまなぶ | - | -
造形展へ

『くつだる。』の原作者ゴトウマサフミ先生に

とってもナイスタイミングでご案内いただき、
造形作家gajuさんの作品展へと伺うことができました。

ステキな空間・世界観・・・
作品の素材との一期一会に込められた深い想いを伺い
一つ一つに見とれてしまいました。

 

造形展『瞬きの証』

銀座タチカワブラインドショールーム地下・ギャラリースペースAtteにて

12日まで開催されているそうです♪

http://gaju.biz/



貴重な作品だるちゃん人形☆大切にしています。



| みるまなぶ | - | -
歌舞伎

先日、タイミングが合ったので

久〜しぶりに歌舞伎座で幕見♪
お昼の部、二つ目の上演作品です。



(おおあきない ひるがこじま)

今月は『猿若祭二月大歌舞伎』。

夜の部では、

中村勘九郎さんの長男・七緒八くんが三代目中村勘太郎、

二男・哲之くんが二代目中村長三郎として

初舞台を踏まれるとのことで、

歌舞伎座も大賑わいです。

二人の出番となる演目は、

一幕見席も早い時間からチケットに並ぶ列ができ、
あっという間に売り切れとなっていました!

兄弟桃太郎も観たいな〜!



| みるまなぶ | - | -
有楽町スバル座にて

映画『惑う after the rain』の初回上映に伺いました。


家族の絆のお話。

普通とは何なのか、
家族とは何かを考えさせられ。

最後はポロポロ温かな涙が流れました。


そして 上映後に舞台挨拶が行われ、
『宮崎美子のすずらん本屋堂』でお世話になりました
宮崎さんをはじめ、お久しぶりの方々に再会することができました(^-^)

先日、芥川賞・直木賞が発表され、
今年の本屋大賞ノミネート作品も発表されたタイミングでお会いできるなんて!

またいつか、すずらん本屋堂が臨時開店したらいいのになぁ〜。



| みるまなぶ | - | -
藤沢周平展

さらに銀河さんの語りで聴くことのできた藤沢周平作品。

朗読を堪能した後に

これまたタイミングよく伺うことができた『藤沢周平展』。


見応えたっぷりの展覧会でした。

きばらん会やはんなりラヂオの朗読会で関わった作品

『約束』(『橋ものがたり』収録)に関しても、

直筆原稿があったりと心上がる空間で〜!

そして

会場を出るあたりに貼られていたポスターに、

宮崎美子さんのお名前を発見!

原作『獄医立花登手控え』のドラマ『立花登 青春手控え』続編が

4月からBSプレミアムにて放送なんだそうです!

これはチェックせねばです。



| みるまなぶ | - | -
夏の思い出 その3
暑かったある日、同期と共に

涼やかな冷やしすだち蕎麦ランチ♪
きれいでしょう〜!(ペロッとお腹に消えましたが)

からの〜

下北沢トリウッドにて短編アニメーション映画『風のように』を鑑賞♪
先輩方はじめ豪華声優陣による
ちばてつやさん原作の心温まるお話、
心地良い風にそよがれた後ような余韻でした。


| みるまなぶ | - | -
お稽古な日々
伝えたいこともあれやこれやとあるのですが、
とにかくお稽古!の日々が続いています。


実は今回、3作品共に関わっているわたし。

それぞれ全く違う世界で、それぞれの良さがくっきりしていて、
本当にありがたいお稽古の時間を過ごしています(^-^)


こちらは、

稽古の度に変化と進化をし続ける『うらぼんえ』班の
お稽古帰りでいただきましたムール貝のパスタ!
ワインと共に、今回初めてご一緒できる方々とお話もできて
楽し・美味しかったぁ〜(o^^o)


浅田次郎作『うらぼんえ』では
声の出演をさせていただいてます♪

こちらはTARAKOさんの演出で、、、どうぞご期待ください(^o^)
私はお稽古見るたび笑って泣いています。

皆さんの個性が光っていて、ああいいなぁ。




そして
メインに関わっている、田辺聖子さんの作品『ぎっちょんちょん』。
ザ・大阪、芸人さんのお話です。



ぎっちょんちょん〜♪の唄があることも知らなかったのですが、


先日のお稽古で『壺坂霊験記』の話になり、
これまた不勉強な私は後から調べて知ったのですけど

なんやこれがええ話で、

もう近頃すぐ忘れるから(苦笑)
ここに書きとめておこうと思います。



三百年以上昔…

盲目の三味線弾き・沢市は、女房・お里と貧しいながらも仲睦まじく暮らしていました。

ある時、
明け方になるといつもお里が家を抜け出していることに気づき、沢市は不安になります。

「もしや好きな男ができたか…」
問いただすとお里は、
沢市の目の病が治るよう
この三年もの間欠かさず壷阪寺の観音様に朝詣でしていることを明かします。

お里を疑った自分を恥じる沢市は
ともに観音様にお参りすることにするものの、
盲目がゆえに不遇な暮らしをしているのだと自分を責めます。

そして
一度お里を家に帰して自由にしてやろうと
自分の身を投げてしまいます。

不吉な予感であわてて戻ったお里は、
目の前の現実に自らも身を投げます。

しかし、
二人の夫婦愛への観音様の霊験により奇跡が起こり、
沢市とお里は助かり
沢市の目は開眼します。


…というお話。


壺阪寺は奈良県にあって、
壺阪寺本堂の横手にある谷は
お里・沢市が身を投げた投身の谷であると言い伝えられているそうです。

浄瑠璃の演目で、歌舞伎や講談にもなっているんですねぇ。



というわけで
お勉強タイム、終わりっ!


| みるまなぶ | - | -
今年は〜絆〜
はんなり☆夏語り〜絆〜』にてご一緒する方々のご出演・演出される公演も続々…

先月でしたが
TARAKOさんがご出演、
『KizuNa+α Vol.5 Performance LIVE』へ〜!



会場の渋谷duo MUSIC EXCHANGEは、何度か行ったことのあるライブハウス。
楽しかった思い出がたくさんの場所です♪

歌ありダンスあり、そして朗読も。
TARAさんの歌が聴けてうれし〜〜(^-^)

ある一曲で、TARAKOさんに演出していただいた朗読舞台「阪急電車」のワンシーンがよみがえり…予定外の涙。

音楽の力ってすごいと改めて感じる瞬間でした。



先週は、はんなリーダー柳沢三千代さんと吉野悠我さんがご出演ということで、
お台場の東京カルチャーカルチャーにて開催の
『かわいすぎる松本かつぢ 絵の世界』へ伺いました♪



きゃあ〜か〜わいい〜〜( ´ ▽ `* )

思わず素敵なポストカードなど買ってしまいました☆



そして今日は、今回『ぎっちょんちょん』の演出でお世話になっている永井寛孝さんがこちらも演出中とのことで…



ピアノ演奏と宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』朗読劇のコラボレーション。
さすが寛孝さん、笑いどころも沢山あってクスクス、そして最後はホロリ…
素敵な時間でした( ´ ▽ ` )

音楽と朗読、いいです。好きです!


| みるまなぶ | - | -
焦点
はんなりラヂオ公演でご一緒する
桂春蝶さんご出演の、写真家・柳蓮二さんセレクション『焦点』に伺いました。
北沢タウンホールへとみんな揃って♪


上方落語の春蝶さんが「芝浜」を。
一体どんな風に…?


まさか
芝浜のお話で涙がポロポロながれるとは。
まさに、上京した私たちにとって心打たれる噺となっていたのでした。


落語の後は…
皆が欲していた(笑)なめろうを求めて〜


芝浜のお話の中に出てきたんですよ、なめろう。
これまた話の要となる日本酒と共にね♪


ううー、これって、
とてもとても幸せなひと時!


| みるまなぶ | - | -
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.